助成金活用研究会

助成金とは?

助成金とは、融資とは異なり、もらいきりで、返済の必要がありません。
労働者を雇う以上は、労働保険への加入が義務付けられています。
厚生労働省の助成金は、この労働保険料の一部が財源となっています。
・・・ということは、条件さえ当てはまれば、当然もらえる権利があるということです。
もっと言えば、もらってない企業は、もらってる企業にお金を払っているようなものです。
たとえ、50万円でも100万円でも助成金を受給すれば、それは売上では何倍もの金額に相当するのではありませんか?
御社の活性剤に助成金を活用されてみてはいかがでしょうか?


目的別の助成金制度

一口に厚生労働省の助成金といっても、かなりの種類があります。
会社を新たに設立したり、事業を開始したとき、新規事業に進出するとき、労働者を新たに雇い入れるとき、福利厚生制度の改善を行ったとき、育児や介護を支援するとき、教育研修を行うときなど、企業の様々なシチュエーションに応じて、助成金制度が用意されています。
また、厚生労働省の助成金制度は、法改正や国の施策により頻繁に見直しが行われます。
毎年、新設された制度、廃止された制度、改正された制度などは、必ず確認してください。
本年度も、前年度同様に助成金制度はかなり改正されており、助成金を有効に活用するのは、今がチャンスです。
是非、御社でも受給可能な助成金を見つけてください。
助成金制度の種類についてはこちらから >>


助成金無料受給診断

ほんとうに自社で受給できる助成金があるのか?
該当するものがあるとすれば、それはどんな制度なのか?
助成金を受給するための条件は何か?
確実に助成金を活用するためには、まずはどの助成金に該当するのかを的確に診断する必要があります。
助成金活用研究会では、簡単な質問にお答えいただければ、受給できる可能性の高い助成金を無料で診断いたします。


助成金を確実に受給するために

自社で受給できる助成金がありそうだが、どこにどのような申請をするのか?
また、申請書の書き方は?、添付書類は?、注意しなければならないことは?
不慣れな助成金の申請を自社で確実に行なうのはちょっと大変です。
そんな面倒臭い助成金の申請を確実に受給までアウトソーシングいたします。


ザ・助成金ガイドブック (平成26年度 最新版)

ザ・助成金ガイドブックの平成26年度 最新版が完成しました!
比較的多数の企業に該当する助成金をチョイスし、非常に簡潔にまとめ上げ、重要なポイントを一目でわかりやすく作成しております。
平成26年の制度改正に対応した最新版です。
各種販売会社における企業を対象とした販売戦略の中で、助成金を活用した営業活動は、直接、見込み客に助成金というメリットを与えることが出来るため、新規顧客開拓、既存顧客のフォローの手段として非常に有効です。
ザ・助成金ガイドブックは、そのための営業ツールとして最適です。
また、労務担当者等のスキルアップの入門書としてもご利用いただけます。